簡単レモン水で健康を維持 / レモン水2 夏の水分補給【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『レモン水』の続きをご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。
レモン水効能
レモンに豊富に含まれるクエン酸や、食物繊維には、腸を刺激して動きを高める作用があります。
また、起床後にコップ1杯の水分を摂ることで、腸が刺激され、活発になります。

レモンに含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成に不可欠な栄養素です。
そのため、皮膚や粘膜の健康にかかわっています。また、皮膚のメラニン生成を抑えて日焼けを抑制する作用や、
活性酸素から体を守るはたらきによる老化対策も期待されています。

レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質の原因とされている乳酸を分解・排出させる作用があるため、ミネラルの吸収率が高まり、疲労感を解消させるということに効果的です。

レモンに含まれるカリウム、ビタミンCには、血圧上昇抑制、脳・神経機能への刺激などへの働きがあるため、風邪予防など、免疫力を向上させる効果に優れています。

レモン水の作り方
・水……コップ1杯(200cc)
・レモン……1/2個(市販のレモン果汁の場合、小さじ2杯程度)

用意するものは、水とレモンまたはレモン果汁のみ。
水は、ミネラルウォーターを使うのがお勧めです。冷たい水は身体を冷やしてしまうので、常温か、一度沸騰させてさました白湯が◎
生のレモンを使う場合、国産の無農薬レモンが皮ごと使えて安心です。
外国産のレモンには、農薬や防カビ剤が使用されていることがあります。
使用するときはよく洗ったうえで、果汁のみを使用。また、市販のレモン果汁でもOKです。

用意した水にレモンをしぼったり、スライスして加えるだけです。生のレモンがなければ、レモン果汁で手軽に作れます。
ただ、レモン果汁には香料が使われていることがあります。気になる方は、無農薬の生レモンを使うことをお勧めします。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。