江戸時代のファストフード/青い大豆 枝豆 夏の美肌ランチ【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは、銀座のBistro Ginsaiです。
今回のブログでは、 Ginsaiの夏のアミューズの食材。
今回は、葉酸、鉄分豊富!『枝豆』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、
シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。

枝豆の栄養素
注目すべき栄養素は、鉄分です。
赤血球中でヘモグロビンの成分となるの鉄ですが、枝豆はモロヘイヤやほうれん草の約2.5倍以上の含有量です。
女性は特に鉄分が不足しやすく、1日あたりの摂取推奨量は男性よりも約1.5倍も多い栄養素です。

枝豆には、葉酸も豊富に含まれています。一般的に葉酸が多いとされるモロヘイヤやほうれん草より高い含有量であり、
春菊やヨモギの約1.4倍、ブロッコリーやケールの約2倍以上もある為妊娠中の方にお勧めの食材です。
枝豆は、大豆には含まれない、βカロテンやビタミンC、B1も豊富に含まれている優れた食材です。

ビタミンB1は、消化液分泌を促し砂糖をエネルギーに変えるのを助けるため、スタミナ不足の解消に効果があると言われています。
カリウムを豊富に含んでいる為、ナトリウムを排出し高血圧予防に効果的です。
また、体内の水分量を調整し、むくみ解消にも効果があります。
食物繊維も野菜類では最高クラスで、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
枝豆の脂質に多いリノール酸の効能も加わって動脈硬化や高血圧などを予防する効果が大いに期待できます。
大豆同様、大豆サポニンを含む為抗酸化作用、コレステロール値の低下、動脈硬化の予防が期待できます。
他にも、イソフラボンやビタミンKも含む為がんや骨粗しょう症予防に効果的です。
旬は、6月~8月頃です。
食べ合わせ 
◎枝豆×トマト 疲労回復、夏バテ予防 
◎枝豆×大根 胃腸機能を高め食欲回復 
◎枝豆×レンコン 気管支炎の改善 
◎枝豆×レバー 肝機能の改善
健康栄養素豊富な枝豆をお楽しみ下さい。
Ginsai銀座の夏メニューは、美肌効果抜群、栄養素豊富!枝豆をアミューズで使用しております。
送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。

━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014