日本を含む世界中で生産を誇る/ メルロ スティムソン エステート セラーズ メルロ ワイン【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『スティムソン エステート セラーズ メルロ』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。
メルロ
アメリカ・ミディアムボディ ぶどう品種:メルロ100%

メルロは赤ワイン用の黒ブドウで、世界中で生産されている国際品種です。
果皮が薄く果粒が大きく、一般的にはタンニンが少ない、ふくよかで若いうちから飲みやすいワインになります。
カベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされるメルロのワインは、単体で造られたワインよりもソフトでタンニンが少なく、酸味もより穏やかになります。
個性の強いカベルネ・ソーヴィニヨンとの相性がとても良いので、ブレンドすることで全体的にバランスのとれたワインとなります。

また、メルロから造られるワインはタンニンが少なく、口当たりがよいので、赤ワイン初心者にはお勧めです。
ふくよかな果実味のおかげで程よくボリューム感のあるワインに仕上がり、世界中で人気があります。

色合いは黒みがかった濃い紫色で、カシスやプルーン、コーヒーやチョコレートの様な香りが特徴です。
カベルネ・ソーヴィニヨン等にみられるハーブのような植物系フレーバーや、スパイシーさは少なく、甘みのある凝縮した果実味が感じられます。

日本で最も成功している国際品種がメルロです。高温多湿な日本の気候では、カベルネ・ソーヴィニヨン等の栽培は難しいのですが、メルロは湿度の高い土壌に順応することから多く栽培されています。
特に長野県の塩尻市周辺は内陸性気候で昼間と夜の寒暖差が大きいため果実の色付きもよく、質の高いメルロが栽培されています。

タンニンと酸が控えめなので、やさしい味付けの和食と合わせることができます。これが、メルロのワインが日本人の嗜好に合うと言われる一番の理由です。
アメリカのワシントン州、チリでも多く栽培されています。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。