体内から日焼け対策/ 日焼け防止食材・栄養素 1  夏の美肌ランチ【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。銀座のBistro Ginsaiです。
今回は『夏野菜の日焼け防止食材』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。 Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。

日焼け防止栄養素
食材の栄養素にも日焼け対策に効果的なものもあります。日焼けによるシミの発生や肌の老化防止に効果的。
日焼け対策には、総称して「ビタミンACE(エース)」と呼ばれるビタミンC・E・Aの3種類がお勧めです。
ビタミンCはシミの元となるメラニンの発生を抑え、肌の色素沈着を防ぎます。
コラーゲンを増やして肌の老化を抑える作用もあるため、既にあるシミの改善にも効果的です。

ビタミンEは血行を良くし、ハリのある肌を作り、新陳代謝を促して細胞の生まれ変わりを助けます。
ビタミンCと一緒に摂ると、それぞれの効果が上がります。油やナッツ類に多く含まれます。

ビタミンAは皮膚の健康を保ちます。人参などの野菜に含まれるβカロテンも体内でビタミンAに変わるため、多くの食材から摂取することが可能です。これらのビタミン類には全て抗酸化作用が含まれ、老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。
日焼け対策にも、基本の美肌づくりにも効果的です。

トマトに含まれるリコピンにも日焼け防止に効果的。リコピンはビタミンEの100倍とも言われるほど強い抗酸化力を持っています。
また、メラニンを生成する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えるので、日焼け対策には欠かせない食材です。
リコピンは加熱したり他の食材と組み合わせる事によって吸収率が高まります。

たんぱく質は代謝を促し、皮膚や筋肉を作るために欠かせない栄養素です。
ビタミンやリコピンの効果が十分に生かされるには、たんぱく質の存在が必要です。
肉や魚、乳製品、大豆製品を一緒に摂るとより効果的です。
日焼け対策は外からはもちろん、体内からも対策し、さらに美肌効果やアンチエイジングも効果的です。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。

━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。