人参のハイブリット/ 紫人参 / アントシアニン、ビタミンCが豊富 秋の美肌ランチ Go To Eat 銀座【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『紫人参』をご紹介いたします。
旬の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。

紫人参の栄養素
紫にんじんとは名前の通り、見た目はオレンジ色ではなく、紫や赤黒いといったような色をしています。
形は普通のにんじんと比べても違いはない物の少しほっそりしているのが特徴の野菜です。

西洋ニンジンに比べ甘みが強く、ポリフェノールであるアントシアニンが豊富に含まれています。
このアントシアニンが紫色である理由ですが、中には外側は紫色でも内側がオレンジ色や、黒、紫色をしているものなど、様々な種類があります。

栄養価が高く、アントシアニンに加えビタミンCも多く含んでいます。
アントシアニンは強い抗酸化作用を持ち、様々な病気の原因といわれる活性酸素に対抗する力をもっています。
この力はアンチエイジングにも効果がありますので、美容面を気にかけている方にはおすすめの野菜です。
約12度の糖度を持つので甘く非常に食べやすく、市販の野菜ジュースにも使われています。
一般的なニンジンの糖度は6〜8度ほどなので、とても甘いことがわかります。

オレンジ色のにんじんに比べてビタミンCが多いので、美肌美白効果に期待できます。
ビタミンCはコラーゲンの構成成分でもあるのでお肌にハリを与えたり、シミやそばかすの原因であるメラニン色素を防ぐので、
肌トラブルにも効果的です。

昔は紫ニンジンはかつてオレンジ色のものよりも一般的で、アジアやヨーロッパでは他の種類のニンジンよりも広く食べられていたそうです。オレンジ色のニンジンは17世紀にオランダで最初に現れ、実はこの種類、オランダ王家の名誉が欲しかった現地の農家の方々が配合したハイブリット種だったそうです。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
当店は「Go To Eat 銀座」に参加予定ですので是非ご利用下さい。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。