世界でトップレベルの美食エリアで造られる/ スパークリングワイン ランブルスコ・ロッソ ワイン【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『ランブルスコ・ロッソ』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。
ランブルスコ・ロッソとは

イタリアの限られた地域で造られている微発泡の赤ワインです。
ランブルスコが造られている代表的な地域は、エミリア・ロマーニャ州のレッジオ・エミーリアとモデナ、そしてロンバルディア州のマントヴァという地域です。

この地域の境にあるポー平原は土地の質がよく、大昔から農業や畜産が栄え、世界有数のハイクオリティな食材の宝庫です。
世界のなかでも超がつく美食のエリア。
例えば、「パルミジャーノ・レッジャーノ」「バルサミコ酢」「ボロネーゼ」などの料理や食材は全部この辺りが発祥なんです。

ランブルスコ種のブドウは細かい種類(亜種といいます)に分類でき、その数は100種類にものぼるといます。
種類の判別が難しいため、いくつかの亜種が混ざった状態で造られることが多いんです。
ランブルスコの魅力は、渋みが少なく、甘めで低アルコール、微発砲で飲みやすい。そして、幅広い料理に合わせやすい事です。

「赤ワインは苦手・・・」と思っている人でも飲めてしまう位、びっくりするほど飲みやすい!のが特徴。
フルボディなどの甘さをほぼ感じない赤ワインは、ブドウの糖分の大半がアルコールになるまで発酵させているのですが、

ランブルスコの場合、ブドウの糖分がある程度アルコールに変わったら発酵を止めるので、アルコール度数が低くて甘めの味わいに。そして、そのブドウの糖分がアルコールに分解されるときに二酸化炭素も発生します。
それがワインの中に溶け込んで微炭酸になるんです。
つまり、糖分も炭酸も、ブドウ由来の天然のもの。それが、ランブルスコが美味しいく飲みやすい理由です。

Bistro Ginsaiでは、ランブルスコ・ロッソをご提供しております。
送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。