キャベツとは異なる芽キャベツ/ 芽キャベツ / キャベツ 冬の美肌ランチ 【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『芽キャベツ』をご紹介いたします。
旬の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。
歓送迎会、貸切はもちろん、記念日、誕生日、女子会などのプライベートなランチの機会に是非ご利用ください。

芽キャベツとは
芽キャベツがキャベツの子どもだと思っている人も少なくないと思います。しかし、これはキャベツとは別物です。
キャベツと芽キャベツは、同じアブラナ科に属する植物です。しかし、品種改良によって違う植物になりました。
両方とも祖先をたどると、メキャベツというケールの仲間にたどり着きます。これはいまの芽キャベツとは違います。このメキャベツ品種改良によってキャベツが生まれます。葉が広がっていたこの野菜が品種改良によって徐々に球状になっていき、13世紀ごろにはいまと同じような形のキャベツがヨーロッパ中に広がりました。

一方、このメキャベツを16世紀頃にベルギーで品種改良してつくられたのが、いまの芽キャベツです。さらにいうならば、この品種の芽の部分が芽キャベツにあたります。つまり祖先は同じながらも、キャベツは葉っぱで、芽キャベツはこのキャベツの親戚の芽の部分だったというわけです。

種類が違うわけですから、生育の仕方も違ってきます。キャベツは通常、畑の土のうえで葉を巻くようにして球状を形作っています。ひとつの株から取れるキャベツはひとつです。一方、芽キャベツはといえば、地面で生育しません。
土から生えた長い茎に、数十個ほどびっしりと球状の芽が生えて、それが葉っぱへ成長していくのです。
キャベツと違い、ひとつの株から数十個もの芽キャベツを取ることができます。
私たちが食べている芽キャベツは、この葉っぱに成長する前の芽の状態(わき芽)を摘み取っているものです。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。 当店のご予約はこちらからご利用頂けます。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。