えんどう豆のスプラウト / 豆苗 夏野菜【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。Ginsai銀座です。
今回は『豆苗』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。
Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。
豆苗の栄養
豆苗はとても多くの栄養が含まれています。
βカロテンはブロッコリーの約6倍、ビタミンCはほうれん草の約2倍、食物繊維はじゃがいもの約2倍もの栄養素を持ちます。

βカロテン含有量は葉物野菜の中で豆苗が1番です。βカロテンは、がんの抑制や動脈硬化の予防などの効果があります。
体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚、髪の健康や視力の維持、喉や肺など呼吸器系を守ります。
肌に免疫力が無いと肌荒れを起こしやすいのでビタミンAは美肌に必要な栄養です。

ビタミンB群は、肌などの粘膜を健康に保つ効果があり、他に糖質をエネルギーに変え、脂質を代謝しやすくするのでダイエットにも効果的です。皮膚のターンオーバーを促してくれるのもビタミンB群です。
ビタミンB群が不足すると、肌の粘膜を守れなくなり肌荒れを起こしやすくなります。
エネルギーの代謝を助け、疲労の蓄積を防いでくれます。

ビタミンCは、抗酸化作用があります。ストレスへの抵抗力を高めます。
コラーゲンの生成を手伝い、毛細血管や歯、軟骨の結合組織を維持します。免疫力を高め、鉄の吸収も促進します。

ビタミンEは、アンチエイジングに効果があります。抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。
この働きから体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、
生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

ビタミンKは出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化します。
また、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し、骨の形成を促します。
このため、ビタミンKは骨粗鬆症の治療薬としても使われています。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。