「朝食に食べたい」日焼け防止食材/ 日焼け防止食材・栄養素 2  夏の美肌ランチ【イタリアン・フレンチ Ginsai銀座】

こんにちは。銀座のBistro Ginsaiです。
今回は『朝食で日焼け防止食材』をご紹介いたします。
旬の夏の食材や、美肌に効果的な、栄養素を考慮したお料理を、 シェフが手間暇かけて仕込み、ご提供させて頂いております。 Ginsai銀座の美肌ランチではメインもお選び頂けます。

日焼け防止栄養素
日焼けに効果的な栄養素を紹介しましたが、食材によって食べるのに適した時間帯があります。
まず初めに朝や外出前の、紫外線を浴びる前におすすめな食材を紹介します。
バナナにはビタミンCが豊富に含まれています。素早くエネルギーになり、腹持ちがいいので朝食はもちろんのこと、おやつや軽食としていつ食べてもかまいません。
しかしあえて朝食におすすめするのは、食物繊維やオリゴ糖が含まれていて腸内環境を整えてくれるからです。
腸内環境を整えることで肌の代謝が落ちることを防止し紫外線のダメージを受けにくくすることが期待できます。
肌の代謝が落ちてしまうと紫外線のダメージを強く受けてしまうので注意が必要です。
朝食でフルーツを食べる方は、イチゴやリンゴがお勧めです。

アボカドには、ビタミンACEが全て含まれています。さらに、果物の中では珍しくたんぱく質も含まれています。
また、アボカドは脂質が多いですが、血液をサラサラにするリノレン酸やコレステロールを下げるオレイン酸が主なので
ダイエット中の人でも心配ありません。
ビタミンACEとたんぱく質、そして良質の油を同時に摂ることができれば、
日焼け対策だけでなく美肌や健康とたくさんの効果が得られそうです。
リコピンを効率よく摂取するなら、やはりトマトです。朝食の時におすすめの摂り方は、トマトを加工したトマトジュースです。
リコピンの含有量が多くなった状態のトマトジュースで、効率よく手軽にリコピンを摂取しましょう。
トマトにはビタミンCとビタミンAも含まれており、日焼け対策に効果的な栄養素が豊富です。
朝食で日焼け防止!健康維持と美肌効果も抜群日焼け防止食材をお楽しみください。

送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。
━∞Ginsai 銀座の予約はコチラ∞━
050-5269-9014
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。